ピンクゴールドとは?特徴やお手入れ方法、選び方をご紹介

ピンクゴールドとは?特徴やお手入れ方法、選び方をご紹介
ピンクゴールドとは、純金に銅や銀など他の金属を混ぜた合金の一種です。かわいらしく温かみのある色合いが特徴で、純金よりも丈夫ですので傷に強く、扱いやすいことが魅力です。 この記事では、ピンクゴールドの定義や特徴を分かりやすく解説します。また、ピンクゴールドの変色を防ぐためのお手入れ方法や、パーソナルカラー別に似合うピンクゴールドアクセサリーの選び方も紹介します。
目次

ピンクゴールドとは、純金に銅や銀など他の金属を混ぜた合金の一種です。かわいらしく温かみのある色合いが特徴で、純金よりも丈夫ですので傷に強く、扱いやすいことが魅力です。

この記事では、ピンクゴールドの定義や特徴を分かりやすく解説します。また、ピンクゴールドの変色を防ぐためのお手入れ方法や、パーソナルカラー別に似合うピンクゴールドアクセサリーの選び方も紹介します。ピンクゴールドのアクセサリーを購入しようか悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

ピンクゴールドとは?定義や特徴をご紹介

そもそもピンクゴールドとは、どのような貴金属なのでしょうか?ピンクゴールドの定義や特徴をご紹介します。

ピンクゴールドの定義

ピンクゴールドとは読んで字のごとく、ピンク色をしたゴールド(金)です。純金に銅・銀・パラジウムなどの金属を混ぜて製造され、銅を多く含んでいるほどピンク色が濃くなります。例えば、金の純度が高いK18であれば薄いピンク色に、金の純度が低いK10ならより濃いピンク色に仕上がります。

ただし、銅や銀などの割金(わりがね)の量に決まりはないので、一口にピンクゴールドと言ってもブランドや商品によって色合いや貴金属の割合がそれぞれ異なります。同じ純度でもメーカーごとに色味が違う可能性があるため、それぞれのピンクゴールドのアイテムをよく見てから購入しましょう。

特徴1:かわいらしい色味

ピンクゴールドの特徴と言えば、なんと言ってもそのかわいらしい色味です。ピンクゴールドのアクセサリーは女性からの人気が高く、女性らしさを引き立てる愛らしいカラーが魅力です。

「ピンクと言えば10〜30代の若年層が身に着ける色」と思いがちですが、K18など薄めのピンクゴールドであれば、お年を召した方でも充分似合います。ピンクゴールドのジュエリーを身に着けると、華やかで元気な印象になり、上品でありながら若々しい印象に仕上がります。

特徴2:肌なじみが良い色

ピンクゴールドはゴールドよりも温かみや柔らかさが感じられ、肌なじみが良い色合いをしています。特に黄色人種である日本人にとって、同じ暖色系統であるピンクゴールドは肌の色になじみやすく、肌の上で綺麗に見えやすいです。そのため、アクセサリーだけが浮いた印象になりづらく、どのような方でも身に着けやすいでしょう。

特徴3:傷がつきにくい

ピンクゴールドは、純金と比べると硬度が高いので、耐久性があることが特徴です。純金はとても柔らかいため、変形したり傷がついたりしやすい貴金属です。そのため、アクセサリーには向いておらず、主に金貨(コイン)や延べ棒など資産形成のアイテムとして用いられます。

一方で、ピンクゴールドには硬度の高い銅・銀・パラジウムなどの割金を含ませているため、純金よりも耐久性が高くなります。「日常的にジュエリーを身に着けたい」「毎日身に着ける結婚指輪として使いたい」という場合は、純金よりもピンクゴールドの方が断然おすすめです。

ちなみに、結婚指輪を決める際、男性はイエローゴールド・ホワイトゴールド・グリーンゴールドを選ぶ方が多いようです。これらも純金に他の金属を混ぜた合金ですので、結婚指輪選びの参考にしてみてください。

ピンクゴールドの注意点

ピンクゴールドには「かわいらしい色味」「傷がつきにくい」といったメリットがありますが、注意しておきたいポイントがあります。事前にしっかり確認してから、ピンクゴールドのジュエリーを購入するかどうかを決めることをおすすめします。

変色する恐れがある

ピンクゴールドには純金が用いられているものの、銅やパラジウムなど他の金属が含まれているため、使用方法によっては変色する恐れがあります。

ピンクゴールドが変色する主な原因は、銅の酸化によるものです。銅は空気中に含まれる酸素と結合すると酸化する性質があるため、身に着けずに箱にしまっているだけでも徐々に茶色や黄色に変色することがあります。また、温泉や入浴剤に含まれている硫黄に銅が反応すると変色しやすいため、入浴時にはアクセサリーを外すようにしましょう。

近年流通しているピンクゴールドのアクセサリーには、酸化防止加工が施されているものがありますが、純金ではないため変色する可能性はゼロではありません。取り扱いには充分注意しましょう。

金属アレルギーを引き起こしやすい

ピンクゴールドに含まれている銅とパラジウムは、金属アレルギーを引き起こす原因になりやすいとされているので、アレルギー体質の方は着用を控えた方が良いでしょう。

金属アレルギーは、体液により溶け出した金属イオンが、タンパク質と結合してアレルゲンとなることで起こります。金属アレルギーの主な症状は腫れ・かゆみ・痛み・赤み・かぶれ・湿疹などで、酷い場合には発熱や全身の倦怠感などが現れます。

金属アレルギーを引き起こしにくい貴金属には、純金・プラチナ・チタン・ジルコニウムなどが挙げられます。金属アレルギーの方は、これらの金属を使ったジュエリーを選ぶようにしましょう。自分が金属アレルギーかどうか分からない場合は、皮膚科のクリニックや大学病院の専門外来などで実施しているパッチテストを受けてみてください。

修理・再加工を断られる可能性がある

硬度が高い銅を含んでいるピンクゴールドは、純金に比べて丈夫であるものの、硬いゆえにサイズ直しや修理ができない可能性があります。

純金をはじめとする、ある程度の柔らかさを持つ金属であれば、簡単にサイズ変更や修理ができます。しかし、ピンクゴールドといった硬い金属では加工が難しいです。万が一ピンクゴールドのジュエリーが割れたり欠けたり、リングのサイズを変えたい場合、再加工が困難ですので修理を断られる可能性があります。

結婚指輪など一生使い続けたり、普段使いしやすかったりするピンクゴールドだからこそ、修理する可能性があることを念頭に置いて購入しましょう。購入後に再加工に対応してもらえるかを慎重に確認しながら、ジュエリーショップを選ぶことをおすすめします。

ピンクゴールドのお手入れ方法

ピンクゴールドのアクセサリーのお手入れ方法をご紹介します。ピンクゴールドは傷には強いとはいえ変色しやすいので、日頃から小まめにお手入れをしましょう。

柔らかいクロスで優しく拭く

ピンクゴールドは、銅や銀などの酸化によって変色します。そのため、酸化の原因となる汗・水・皮脂・化粧品などをしっかりと拭き取って、ピンクゴールドの変色を防ぎましょう。

ピンクゴールドは純金に比べると傷はつきにくいものの、ティッシュや目の粗い布、研磨剤入りのクロスで拭くと、細かな傷が増えて劣化してしまいます。普段のお手入れでは、必ずジュエリー専用のクロス・眼鏡拭き・セーム革・ガーゼといった柔らかい素材の布を使って拭いてください。

ピンクゴールドの変色・くもり・小傷が目立つ場合は、研磨剤入りのクロスを使用すると輝きを取り戻せます。特に汚れや変色などが気になったときに限り、研磨剤入りのクロスを使うようにしましょう。

薄めた中性洗剤で洗う

柔らかいクロスで取れない汚れが付着している場合は、中性洗剤でのお手入れがおすすめです。クロスでは取り切れなかった細かい部分の汗や皮脂も洗浄できるので、定期的に水洗いでのクリーニングも実施しましょう。

コップや洗面器にぬるま湯を入れ、中性洗剤を数滴溶かしてピンクゴールドのジュエリーを浸します。5分ほど浸け置きして汚れを浮かせた後、柔らかいブラシで丁寧に洗ってください。水で洗剤を洗い流したら、水分をしっかり拭き取ればお手入れ完了です。ピンクゴールドに含まれている銅は錆びる性質があるため、水分を残さないよう注意して拭き取りましょう。

ただし、ダイヤモンドやカラーストーンなど宝石がついている場合、留め具が劣化する恐れがあるため絶対に水洗いしないでください。特に真珠・オパール・珊瑚などは水に弱いので、必ず購入したジュエリーショップにクリーニングを依頼しましょう。

販売店や専門店でメンテナンスしてもらう

たくさん傷がついていたり、変色がかなり進んでいたりする場合は、自分でお手入れせずに専門店でメンテナンスしてもらいましょう。アクセサリーの販売店や貴金属のメンテナンスの専門店では、プロによるクリーニングを行っています。もちろん「自分でお手入れすると、劣化させてしまいそうで心配」という方も、遠慮なくプロの手を借りましょう。

ピンクゴールドの販売店によっては、簡単なクリーニングであれば無料で対応してくれる場合があります。アクセサリーを購入する際、クリーニングサービスが付帯しているかチェックすることが賢明です。

パーソナルカラー別!ピンクゴールドアクセサリーの選び方

前述したように、一口にピンクゴールドと言っても商品によってピンクの濃さは異なります。同じように日本人の肌色も人によって異なるので、「日本人にピンクゴールドはなじみやすい」とはいえ、どうしても自分の肌色に合うカラーのピンクゴールドを選ばないと浮いた印象になりやすいです。

そこで、パーソナルカラーという基準をもとに、タイプ別におすすめのピンクゴールドアクセサリーのデザインやカラーをご紹介します。自分に似合うピンクゴールドを選びたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーとは、人の肌色のタイプを分かりやすく「春」「夏」「秋」「冬」で表したものです。パーソナルカラーに合うジュエリーを身に着ければ、自分の肌色とよくなじみ、魅力や個性を最大限に引き立てられるでしょう。また、人からの第一印象が明るくなったり、顔の血色が良く見えたりするようになります。

パーソナルカラーは春夏秋冬の4つのタイプに分かれていますが、大まかにイエローベースとブルーベースの2つに分類されます。春タイプと秋タイプは黄みがかった肌のイエローベース、夏タイプと冬タイプは青みがかったブルーベースと呼ばれます。

以下では春夏秋冬の4つのタイプについて、それぞれの特徴をご紹介します。似合うピンクゴールドのアクセサリーを購入するために、自分がどのパーソナルカラーに当てはまるか確かめてみましょう。実際のパーソナルカラーは、肌色だけではなく瞳や髪の色も関係しますが、ジュエリーやアクセサリーと親和性のある肌に限定して解説します。

春・スプリング

春タイプはスプリングとも呼ばれ、黄みのあるイエローベースに分類されます。明るい黄色やベージュの肌をしていて、明るく澄んだ色と相性が良いです。肌にツヤや透明感が宿っており、血色が良くイキイキした印象があります。黄みがかった温かみのある色と相性が良いでしょう。

夏・サマー

夏タイプはサマーとも呼ばれ、青みのあるブルーベースに分類されます。明るめのピンク色の肌をしていて、淡いパステル調や青っぽいさわやかな色と相性が良いです。華やかでエレガントな印象があり、日焼けをしづらいという特徴があります。青味がかった冷たい色と相性が良いでしょう。

秋・オータム

秋タイプはオータムとも呼ばれ、黄みのあるイエローベースに分類されます。色味が濃いめで、くすんだ黄色をしていて、深みのある温かな色と相性が良いです。温かみを感じられて落ち着いた印象があります。黄みの強いマットな色と相性が良いでしょう。

冬・ウィンター

冬タイプはウィンターとも呼ばれ、青みのあるブルーベースに分類されます。透き通るように明るく白い肌をしていて、無彩色や煌びやかな色と相性が良いです。クールでキリッとしてかっこいい印象があり、黒や青みが強い色と相性が良いでしょう。

タイプごとにおすすめのピンクゴールドのデザイン・カラー

ここからはパーソナルカラーのタイプ別に、それぞれに似合うピンクゴールドジュエリーのデザインやカラーを解説します。自分に合うアクセサリーを選びたい方は、以下を参考にしてアイテムを探してみましょう。

春・スプリング

春タイプは明るくて華やかな暖色系のアクセサリーとマッチしやすいです。ピンクゴールドジュエリーなら、銅が配合されている割合が高くてピンクっぽい色味が強く出ているK10のものが特に似合うでしょう。春タイプは愛らしい印象があるので、キラキラと輝くデザインで、ハート・リボン・フラワーなどのかわいらしいモチーフになっているアクセサリーが似合います。

夏・サマー

夏タイプの方がピンクゴールドジュエリーを身に着けると、生まれもっている肌の透明感がさらに際立ちます。上品な印象を抱かれやすいタイプですので、装飾がされていないシンプルなデザインで、K10よりも色味が白っぽいK18のアクセサリーを選んだ方がより相性が良いでしょう。

秋・オータム

秋タイプには、銅の含有量が多くて深い色味が魅力的な、K10のピンクゴールドジュエリーがおすすめです。秋らしい色合いのガーネットや深みのあるアメシスト、こっくりとしたカラーが特徴のシトリンやトパーズなどの宝石があしらわれたジュエリーが肌とよくなじみます。

冬・ウィンター

冬タイプはクールな印象を持たれやすいので、シンプルなデザインかつダイヤモンドやスフェーンなど強い輝きを放つ宝石がデザインされたピンクゴールドジュエリーが似合います。肌が白っぽいので、K18のアクセサリーを身に着けると良いでしょう。

ピンクゴールドジュエリーのおしゃれな身に着け方

ピンクゴールドジュエリーをおしゃれに身に着けるためのポイントをご紹介します。お気に入りのピンクゴールドジュエリーの良さを活かし切るためにも、以下を参考にしておしゃれに磨きをかけてみてください。

フェミニンな印象の服と合わせる

ピンクゴールドのジュエリーはかわいらしい見た目が持ち味ですので、温かで柔らかい印象のフェミニンなコーディネートによく似合います。ふんわりした印象になるブラウスや、なめらかに広がるフレアスカートなど、女性らしいアイテムと合わせることをおすすめします。フェミニンな印象の服にかわいいピンクゴールドを添えると、普段のコーディネートをワンランクアップさせてくれるでしょう。

アクセサリーをピンクゴールドで統一する

身に着けるジュエリーをすべてピンクゴールドに統一することで、一体感が出ておしゃれに見えやすいです。また、ジュエリー全体のモチーフを合わせるのもおすすめです。例えば花をモチーフにしたネックレスを着けるのであれば、ピアス・リング・ブレスレットなども同じく花をモチーフにしたアクセサリーを選んでみましょう。

シルバーのアクセサリーと重ね着け

ピンクゴールドをはじめとするゴールドとシルバーの色味は相性が良く、この2色のアクセサリーを重ね着けることがトレンドとなっています。ゴールドとシルバーを同じ数だけ身に着けるのではなく、どちらかの色をベースにしてポイントとしてもう一方を取り入れると、おしゃれ度がグンと上がります。同じブランドのもので統一したり、ツヤまたはマットで同じ質感のものを選んだりと、自然なコーディネートになるように意識してみてください。

ピンクゴールドのアクセサリーを高く売るためのコツは?

ピンクゴールドのアクセサリーは根強い人気があり、買取市場でも高い需要があるアイテムです。ピンクゴールドのアクセサリーを高く売るために注意しておきたいポイントには、以下の3つが挙げられます。

日頃から丁寧にお手入れする

ピンクゴールドのジュエリーには変色しやすい銅が含まれているので、どうしても経年劣化によって色や輝きが変化しやすいです。柔らかいクロスで拭いたり、定期的に中性洗剤で水洗いしたりと、日頃から丁寧にお手入れを行いましょう。保存状態が良く、見た目が美しい状態をキープしておけば、査定に出したときに高価買取が期待できます。

付属品も一緒に査定に出す

ピンクゴールドのジュエリーが入っている箱や袋、貴金属ブランドの証明書・鑑定書・保証書などの付属品が揃っていると、次の買い手が見つかりやすくなるので買取金額が高くなりやすいです。付属品が手元にある場合は、アクセサリーと一緒に忘れずに査定に出しましょう。

買取実績が多い店を選ぶ

ピンクゴールドの価値は、ジュエリーに含まれている金そのものの価値だけでなく、ブランドの人気の高さやデザインの美しさなども踏まえたうえで評価されます。そのため、ピンクゴールドを買取に出すなら、金以外の要素も加味してから価値を見抜いてくれる業者を選ぶことが大切です。アクセサリーに関する専門知識と買取実績が豊富な業者を選べば、買い叩かれることなく適正価格でピンクゴールドのアクセサリーを売却できるでしょう。

まとめ

ピンクゴールドは女性らしさを引き出すかわいらしい色味で、日本人の肌色になじみやすくて傷がつきにくいなど、メリットがたくさんあるジュエリーです。パーソナルカラーをもとに、自分に似合うカラーやデザインの逸品を探して、アクセサリーライフを思い切り楽しんでください。ピンクゴールドのジュエリーは貴金属市場で高い人気を誇るので、お手持ちのピンクゴールドが不要になったら、信頼できる買取業者にて売却しましょう。

記事監修

ブランド買取専門店Sigma
ブランド買取専門店Sigma
バッグ・時計・貴金属・ジュエリー・アパレルの高価買取専門店。 銀座・横浜・名古屋・大阪・神戸・京都・福岡・札幌に店舗を構えています。 世界各国により高く売れる販売網をもち、買取業者様からも大量に買取。 お客様に心からご満足頂けるサービスを提供し、ブランドに精通したプロの鑑定士がどこよりも高価買取を実現しております。

買取・査定の無料相談はこちらから

その他買取・査定の相談方法

記事一覧へ戻る

カテゴリ一覧

関連する記事

タグ一覧

#高級時計ブランド #高価買取 #金貨 #金価格・相場 #金メッキ #金 #芸能人 #時計買取 #延べ棒 #小判 #刻印 #切手 #ロレックス #ルビー #ルイ・ヴィトン #ブランド時計 #ピンクゴールド #ジュエリー #グランドセイコー #インゴット #お酒 #♯24(24金) #K24(24金) #K18(18金) #K10(10金) 

「シグマ」が選ばれる理由

  • 理由1、他社圧倒の高価買取価格

    国内外の流通ルート、徹底したコスト削減、市場調査の徹底、最新データの活用により他社よりも高額で買取可能です。
    他店の方が高額の場合は、お気軽に交渉・相談を下さいませ。

  • 理由2、安心の完全無料

    送料・出張料・査定料・キャンセル料・振込手数料・返送料など料金は一切かかりません
    当店の全サービスは完全無料でご利用頂けます。

  • 理由3、即査定即日現金でお支払い

    当日予約可能で査定は即日
    1000万円以上の買取でも即現金お支払い可能(お振込みにも対応しております)

  • 理由4、3つから選べる査定・買取方法

    査定方法は電話、LINE、メール査定とスピード査定が可能です。
    店頭買取・出張買取・宅配買取とお客様のご都合に合わせてお選び頂けます。 店頭買取は、プライバシーに配慮した個室査定ブースをご用意、出張・宅配買取は全国どこでも対応可能です。

  • 理由5、多数の取扱品目と取扱ブランド数

    バッグ・時計・金・プラチナ・貴金属・宝石・ダイヤモンド・ジュエリー・アパレル等をメイン商品としその他多数の取扱品目と海外~国内、有名、無名ブランドに関わらず幅広く取扱しております。
    希少で相場が少ないお品物や他社では買取NGなブランドでも買取可能です。

  • 理由6、多数の高額買取実績

    年間取扱実績300億円!他社ではお値段の出せないような高額商品の買取実績多数御座います
    1000万円超えの高額品買取実績も多数。

  • 理由7、全店舗駅徒歩圏内

    全店駅から徒歩圏内の好立地に出店しております。
    ショッピングやお食事のついで、お仕事帰りにもご来店頂けます。

  • 理由8、経験豊富な鑑定士が多数在籍

    鑑定士歴10年以上、専門知識を備え、資格保有の鑑定士も多数在籍。
    お客様のお品物は鑑定経験豊富で実績を持つ鑑定士が対応させて頂きます。

こんな状態でも買取OK

新しいシグマ基準、古い物・傷物も高く査定いたします。

傷のついてしまったお品物や古くなったお品物も、
世界基準のシグマならコスト削減を徹底し高額買取りを可能としています。
「本当にこれ、売れるかな?……」とあきらめる前に、ぜひ一度ご相談ください。

  • バッグの角スレ
  • 持ち手破損
  • バッグのカビ
  • チェーン切れ
  • 主石無し
  • 破損した物
  • 破損した時計
  • 動いてない時計
  • 使用による汚れ

シグマのスタイル別買取方法